患者は20代女性。

左側中切歯及び側切歯の審美障害を主訴に来院された。

右側と比べ、左側中切歯は歯肉ラインが下がっており、コンタクトポイントは歯頸部側に位置していた。そのため対称に製作すると歯冠が長くなり、上部エンブレジャーの開きも大きくなってしまうため、切縁ラインと近心の開きは揃えず、口唇や口角の位置も含めたバランスを優先した。

また、側切歯は内側に入っていたため、若干ではあるが唇側に出して製作している。