患者は50代女性。

両側中切歯の審美障害を主訴に来院された。

隣在歯となる側切歯の出具合や切縁ラインに左右差があり、中切歯部の支台歯の位置も対称ではなかった。

そのため、補綴物製作においても若干の左右差をつけることを患者に提案したが、患者は左右で極力対象となることを希望された。

そこで、出具合を無理に合わせることはせず、笑ったときに見える歯冠中央から切縁にかけては対称に見えるよう製作した。