患者は30代男性。

左側中切歯の失活による審美障害を主訴に来院された。

術前の中切歯は、失活によりベース色に問題があるものの、形態や細かい切縁付近のキャラクターは本来患者が持ち合わせているエッセンスであるため、ベース色のみ改善するイメージで製作した。

また、両側犬歯及び側切歯、口角の位置に左右差が見られるが、天然歯の切縁ラインは移行する形態をしている。