患者は20代女性。

左側中切歯の審美障害を主訴に来院された。

Case3と同様、術前に見える患者の持つエッセンスを参考にしつつ、口唇や口角の位置を基準に切縁ラインを決定した。中切歯単冠の症例であっても、必ずしも左右対称に製作するのではなく、周囲の残存歯や口唇との関係を第一に考慮することが重要だと考える。